ALCの特徴と搬入時の注意点まとめ

材料の豆知識

ALCについてまとめました。

外壁の搬入をしている荷揚げ屋さんも多いのではないでしょうか。

ビルの外壁によく見ます。

スポンサーリンク

ALCとは

ALCは建物の外壁の材料です。

ALCは「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略で、

訳すと

Autoclaved:オートクレーブ処理された(耐圧容器の中で高圧高温蒸気処理)

Lightweight aerated:軽量の空気を通す

Concrete:コンクリート

簡単に言うと「軽量気泡コンクリート」ということになります。

外壁 平パネル | 住友金属鉱山シポレックス株式会社
ALC 建材。住友金属鉱山シポレックス(株)は、ALC「住友のシポレックス」を製造、販売する会社です。外壁 平パネルのページです。

住友金属鉱山シポレックス株式会社さんより

ALCのメリット

  • 耐久性が高い。メンテナンスをすれば、50年以上は工事が不要とのこと。
  • 耐火性が高く、火事でも有害物質が発生しない。
  • 軽い。細かい気泡を含むことで軽い。
  • 値段が高い(外壁仲間のモルタルや、サイディングに比べて)
  • 遮音性が高い、気泡が音を吸ってくれるので、自動車や電車生活音を防ぎます。
  • 調湿性に優れている。外側は濡れたらだめですが、室内であれば、空気中の水分を吸って結露の発生を抑えて空調を快適にします。
  • 断熱性が高い

ALCのデメリット

  • 水によわい。細かい気泡が含まれていて、吸水性が高いこと。水を吸収すると、ひび割れて、欠落の原因になる。なので、絶対水は避けないといけない。ALCをつけたら、防水塗装はハッピーセットです。防水塗装はセットです。
  • 定期的(10年くらい)にメンテンナンスが必要。シーリング(気密性を保つための充填剤、白いボンドみないなやつ)や、防水塗装などのメンテナンスが必要。
  • 値段が高い。この世は金です。金ですぞ。いいものには金がかかります。
  • つなぎ目が多い。つなぎ目が多いと、気密性を保つための、コーキングが多く必要になりますからね。

ALCの見た目

  • 白い
  • 表面に細かい気泡あり
  • 軽石みたい

搬入時の注意点

荷揚げ屋なら、これが一番大切な項目です。

濡れてはいけない。

特に、雨の日の搬入は要注意です。雨が止むのを待つか、養生をしながらの搬入かです。

カドが欠けやすいから注意する。

クレーンでの搬入がほとんどだと思います。

先端がL型の金具なら、欠けることは無いですが、スリングの場合は、スリングの絞りが強くて、カドを粉砕する場合があります。当て木などをして、保護するとよいでしょう。

重量に注意する。

軽量と言っても、壁なので、数メートルの高さがあり、クレーンでまとめて吊るので結果重たいです。

クレーンオペレーターさんが、把握しているといいですが、ステージが耐えれる重量かどうかも考慮しなければいけません。

台車の車輪の向き

重量物なので、台車の車輪の向きが進行方向と逆だと、初動に無駄に力を使います。

進行方向に台車が進むようにセットしましょう。

クレーン作業の一般注意点を守る

吊り荷の下に入らない

荷の安定の確認

離隔距離を取る

台車の上のに手、指を置かない。(玉掛け合図が、遅れる場合もあるため)

職人さんの指示どおりおく

小口に書いてある、AとかBとかは、外壁の東西南北等の取り付ける面を表します。

まとめておきましょう。

あと、オス、メスありますので、揃えておきましょう。。

あとは、職人さんの指示に従うのが一番です。

ALCの3大メーカーについて

石膏ボードでいう、「吉野石膏」「チヨダウーテ」のポジションです。

なんでも、ALCは技術力が必要らしく、日本工業規格いわいるJISに認定されいるのは、3社しか無いそうです。ただ、その分品質はお墨付きというわけです。

住友金属鉱山シポレックス株式会社

AsahiKASEI 建材株式会社

クリオン建材株式会社

コメント

タイトルとURLをコピーしました