ケイカル板の特徴と取扱い上の6つ注意点

材料の豆知識

荷揚げ屋なら、ケイカル板の搬入もたまにありますよね。

でも、たまにです。ボードみたいに沢山は入ってこないですし。

搬入の数量もボードに比べると多くないです。

なので、忘れないように、まとめておこうと思います。

ケイカルは、けい酸カルシウム(珪酸カルシウム)の略です。

名前は凄く軽そうな名前ですけどね。そこまで軽くない!

それでは、特徴から紹介です。

スポンサーリンク

ケイカル板の特徴

  • 比較的水濡れに強い
  • 断熱性がある
  • 軽い
  • 寸法が変形しにくい
  • 安定した結晶構造を持っているので、湿気での寸法変化が小さい。

あと、選べる仕上げ

塗装、クロス張り、タイル張りなど、好きな仕上げを選べます。施主が選ぶんですけど、、

あと、軽いといっても、枚数を4~6枚とか一度に持っていったら重たいです。

ケイカル板の用途

主に、水回り外気に触れっぱなしのところに使われます。

  • 厨房
  • 洗面所
  • 便所
  • 地下室
  • 駐車場の天井
  • マンションのベランダ隔壁板

などです。厨房は、湿気と熱気と混在しますが、天井に使っていた材料がおちてくる等があって、職人さんが「どうだろうねぇ」と言っていました。

ケイカル板の種類

調べてみると意外と沢山、ありました。

加工方法によって、2種類に分けられます。

加工方法 用途
タイプ2 抄造法(ウエットマシン) 内装用、天井壁軒天井
タイプ3 プレス法(ボードプレス) 鉄骨耐火被覆用 及び内装加飾用

荷揚げ屋が扱うのは、タイプ2です。

内装屋さんの材料を運ぶので。

ちなみに、タイプ1は、現在生産していないそうです。

訳ありってやつです。アスベストが使われていたそうです。

タイプ2に関して、以後は説明します。

平板

そのままのやつ。なにも加工されていない。よく見るやつ。化粧板の基になるやつ。

加工されたやつ

2枚重ねの積層板や、穴ボコの有孔板(貫通板)

有孔板は、裏面に空気層をつけたり、ロックウール等をつけることで、吸音製が得られます。

化粧

平板の表面がつるつるなやつ。シートが貼ってある。トイレとかでよく見るやつ。

女子トイレは、ピンク

男子トイレは、黄緑・青とか

みますね。

この夏、新色のハニーブラウンも注目!!(※無いです)

ケイカル板のデメリット

  • 薄くて割れやすい
  • 衝撃に弱いというところがあります。

なので、衝撃に強い、耐水ボードを下地に貼り、その上にケイカル板をはられているという認識です。

学校のトイレなんて、元気な子供たち(ヤンキー)はすぐに集ってお菓子をボリボリします。

お菓子の取合いになって、暴れだします。。。。

ケイカル板には、荷が重いでしょう。。

ケイカル板の取扱い上の6つの注意点

  • 汚れた手・汚れた手袋で触らない
  • カドをつけて引きづらない

  • 割れないように扱う。(割れやすい、欠けやすい)

特に、ボードを扱うように、ドスンっと置くと、割れる可能性があります。

ボードよりも繊細だという認識が必要です。

  • 山になっているときは、1枚1枚、化粧面が上になる。

普段からの、ボードの山とだいぶ違うと思います。

石膏ボードが、2枚1セットで、化粧面同士が合わせっています。

でも、ケイカル板は、セットになっていません。

化粧面が上を向いています。

あまり大げさにしたくないので、サラッと説明しますが、イメージです。

  • すぐに使わない場合は、山の一番上の一枚だけ化粧面を下にする。

これは、化粧面が汚れるのを防ぐためです。

ボードにも共通しますが。

  • 捨てる場合は、「ボードゴミ」ではない。

区分としては、「ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず」「がれき類」になります。

現場だと、混載ゴミに入れることがほとんどです。

いかがでしょうか。新色のハニーブラウンが待ち遠しいです。

はて、新色はどこで、使うんでしょうか。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました