【爆笑】現場で起こった面白エピソード3選!!

お笑い
Group of multiracial friends having fun on the beach of tropical Bali island.

現場の仕事をしていれば、色んなことがありますよね。

3つだけ、中笑いのエピソードを

スポンサーリンク

爪の長さ

現場監督の中に、50代くらいの中肉中背の男がいた。

その人の左手の小指の爪が異常に長い。

5センチくらいあった。

朝礼中も、新規中もずっと気にって、監督の話が全く、頭に入って来なかった。

新規教育が終わって、

先輩に「監督の爪が異常に長い」ことを教えると

「ああ、あれ鼻くそスプーン。」と

長年の霧が晴れ、視界が開けた気分になった。

先輩ありがとう。

思いやりの空回り

僕が所属する会社は車の運転で現場を往復する。

その日は、3人で、マンションの造作材(大量の石膏ボードと間柱)の搬入で、みんな疲れ切っていた。その時、僕が職長だったので、みんなの疲労の事を考えて、

僕「帰りの運転は、俺がするよ」

と言った。

すると、気を使った後輩Aが、

後輩A「いえ!先輩に運転させるわけにはいきません!僕やります!」

僕「いや、いいよ、疲れとるやろ、俺するよ。」

後輩B「じゃあ、公平にじゃんけんしましょう!」

僕「いいって、運転するって」

結局押しに負けて、じゃんけんで運転手を決めることになった。

僕が負けた。

最初から俺が運転するって言ってるじゃん!笑

後輩の「後ろめたさ」を拭う為だけのじゃんけんとなった。

僕は、「運転」に加えて「敗北感」がついてきた。

なんのジャンケンやーーーー!!

瓦職人の補助

荷揚げ屋は、資材搬入だけではなくて、さまざまな軽作業も行う。

そのうちの一つが、瓦職人の補助だ。

戸建て、個人住宅の、屋根に登り、瓦を職人の元まで届けるというものだ。

瓦は、地面と同じレベルにある。

電動の箱がついたはしごがあって、その箱に、瓦を載せたら、屋根まで電気の力で送ってくれる。同期と僕の2人だった。上下で一人ずつ配置についた。

僕は、上で瓦を受け取った。

瓦って、結構重たい。しかも、屋根の傾斜が思っていたよりもあって、踏ん張るのがしんどい。なるほどと、補助を頼む理由が分かる。

職人さんは、60代のおじいちゃんだった。

瓦を持って行ったら、すいすい瓦を張っていく。とても60代とは思えなかった。

ただ、そのおじいちゃんは、とても頑固で厳しいタイプの職人さんだった。

瓦の種類が3種類ほどあって、間違えると

「こんなのもわからんのかー!」と怒鳴られた。

説明は受けていないし、職人の話し方がゴニョゴニョ言っていて、何を言っているかよく分からなかった。

休憩の時間に、次の作業の説明をしてくれた。

「つぎん、あげた瓦ばゲヤまでおろすけん上がってこんね。」

僕は、職人さんの話はよく分からないけど、

要は、2人共、屋根の上に上がってこいという意味だと思った。

同期が「ゲヤですか?下に屋根の屋で下屋ですか?」と聞いた。

すると、職人さんは、黙り込んだ。

何か、まずいことをでも言ったのかと、同期と僕は、顔を見合わせた。

10秒間の沈黙のあと、

職人が

「ゲヤて、下に屋根て書いて下屋たい」

と、ほぼ同じことを繰り返した。

「今言ったやん!!!」

と、同期と2人、心の中でツッコんだ。

最後に

笑ってくれたら嬉しいです。

あなたも、現場の面白エピソードを教えてください。

応募してくれた人には、

伸びた爪」と「瓦1枚」をプレゼントします!!!

面白エピソードがあれば、下部のコメントより、お願いします。

ツイッターや、フェイスブックアカウント等と一緒に、紹介させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました