荷揚げ屋あるある早くいいたい!

お笑い

タイトルの通り、早く荷揚げ屋あるあるを言いたいです。 もう、どうしてもあなたに言いたい。

あー、、早く言いたい。
この、胸に秘めたあるあるを叫びたい。
誰にも言えなかった、荷揚げ屋あるあるを早く言いたい。

言ってしまって楽になりたい。いっその事、言わない方が楽なんじゃないかな。

もう、早く言えよって(笑)

始めましょう!!!

  1.  

スポンサーリンク

仕事じゃないのに、エレベータに乗る時、高さ、入り口幅、養生の有無が気になる。

休日のお買い物は心が踊りますよよね!

彼女と2人、エレベータに乗ると必ず、見てしまうのは、エレベータのスペックですよね!

「3mスタットは斜めにすれば、ぎり入るなぁ」

「4mスタットは、階段上げじゃんか、、」

「台車のままボードはいらないかなぁ」

「ボード立て掛けるのに、養生してないじゃん、どうしたゼネコン!!」

「900kgまでかぁ、あぁ」

と、ありもしない搬入のことばかり考えてしまいがち。

そんなあなたには、エスカレターでのデートをおすすめします。

エレベータが小さいと、なんか不満。

別に、関係ないけど、本当に関係ないけど、いらいらしてしまいがち。

エレベータが大きければ1発でイケるのに、2、3回に分けないといけない。長ものは、カツカツ。天井の照明に気を配る。

あーーー、いや!

エレベータが大きいと、大満足!なんか嬉しい!

大きいと、落ち着く。照明のことは、気にしなくていい。

人も全員載って、階段ダッシュしなくていい。

それだけで、救われた気分になる。

朝礼ののりで、「足元よーーし!」を連呼する。

朝礼は、高台に乗って、作業人員報告しがちです。

その際絶対にあるのが、段差を登るときの

「足元よーし!(指差呼称付き!)」

これは、階段あげの際、ボードを背負ったまま言いがちです。

足元の専門家によると、、

「足元よーし!」

を階段を登り終えた後に言う、「やまびこスタイル」も2019年のトレンドとされています。

低血圧の人が多い。

建築業界の朝は早いです。

ほとんど8時朝礼ですので、

遠方であれば、5:00起きもあるでしょう。

だから、寝坊する人が多いです。

彼らの言い分あるあるとして

「低血圧なもんで」(その語尾やめろ!)

「髪の毛をセットしていたら、時間が過ぎていた」(メットかぶるのに、色気づくな!)

「ばあちゃんが亡くなって」(嘘なら不謹慎だし、本当なら帰って葬儀して)

気持ちはわからんこともないですが(笑)

待ち時間があると、ボードの山を、あおってしまう。

荷揚げ屋である以上、ボードの山が好物でしょう。

厚くて、重いほどあおりがちです。

右肩が下がっている。

これは、中堅に多いです。

右肩で、フローリング、軽天材、長尺シート、

右手でボード。

利き手側に、負担がかかるので、そうなってしまうのは、荷揚げ屋の運命かもしれません。

今は弱くても、左手、左側でも持つように心がけたいです。

無駄にでかいリュックを背負っている。

街中で、

「リュックが歩いている」

と思ったことはないでしょうか。

それは、リュックの妖精カバーン荷揚げ屋です。

荷揚げ屋は、手袋一つあれば、何もいらない。

と思われがちですが、

大量の汗をかくので、旅行バック並の大容量バッグが必要です。

3泊4日分あれば、十分耐えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

何の、約にも立たないでしょう。

あるあると思った方は、荷揚げ病かもしれません。整体に行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました