雨の日でも、荷揚げ屋がカッパを着ない悲しい理由

荷揚げ屋について

雨の日の搬入って、結構憂鬱になりますよね。

  • 現場内は泥でぬかる
  • 靴の中に、雨が染み込むし
  • 作業着もビチャビチャになるし
  • 材料が濡れないように配慮しないといけない(材料によるが)

なら、カッパ着て、長靴履いたらいいやん!

荷揚げを始めた頃は、思っていましたが、「ド素人めっ!」でした。

荷揚げ屋さんがカッパを着ない、ちゃんとした理由がありました。

ベテランが雨でもカッパを着ない理由

特に夏場においてです。

荷揚げ屋は尋常じゃない量の汗をかくので、結局作業着も靴もびちゃびちゃです。笑

雨でも、晴れでもびちゃびちゃです笑

どうせ、びちゃびちゃになって、着替えるのだから、カッパいらないよね。ってなったみたいです。それに、カッパを着ていると蒸れて熱いので、イライラしてきます笑

ビチャビチャで、ムレムレで、イライラです笑

キマリました笑

この記事は、

実は、びちゃびちゃて、言いたい。。。。

荷揚げ屋が雨の日に気になること

について、書きました。

雨の日の問題・注意点

材料が濡れる

石膏ボードが濡れると、壁紙からのカビの原因になるので濡れてはいけません。

そこで、材料を手厚く守ってあげないといけません。守る為の対策としては

  • トラックのシートをかぶせたまますばやく仮置きする。
  • 濡れないように、ベニア板や、ボードで屋根を作る
  • 晴れるまで待つ

足元が悪い・滑る

これも厄介です。

ケガと物損の二重のリスクです。

材料を担いだまま転倒すれば、事故の元です。

対策としては、

  • 通路・動線の確保
  • 泥の傾斜部や、グレーチングの上を歩かない
  • 傾斜ではなく、段差を歩く

作業着が水を吸って重い

これは、天気関係ないです。笑

対策は、びちょびちょになった時点で、着替えるくらいです。ごくあたりまえですが。

なぜ雨の日も搬入するのか?

現場も工期があるので、遅れるわけにはいきませんから。

トラックの積み込み状況・手配もあるので急な変更は難しいようです。

最後に、中止になる確率は?

雨の日でも搬入は続きます。

雨で中止になったことは、2年間で1回しか聞いたことないです。

止になったことは、2年間で1回しか聞いたことないです。悲しい、、

それは、梅雨時期で、土砂降りの中でボード600枚程度の予定でした。

その日は別の現場で、びしょ濡れになりながらボードの搬入していました。笑

会社の方針によるんでしょうね笑

通気性と撥水性を兼ね備えた夢のような作業着が欲しい物です。

え、あるんですか、(わざとらしい)、27000円もしました、、、

「ゴアテックスレインスーツ」で検索すれば出てきます。

僕は、手が出ないです。宝くじで2億円あたっても買わないとここに宣言します。

搬入の際はボロボロになるのなら、勿体ないです。

肩とかボロボロになるんだろうなぁ

軽作業とかならカッパは使えますが。

やっぱり、ベテランの言う通りカッパはいらないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました