【初心者の方へ】足の指なくなるかもよ。荷揚げ屋の安全靴の選び方

初心者向け記事

  • 建築業界が始めてで、安全靴とかよく分からない
  • 荷揚げ屋・資材搬入の仕事がよく分からないので、どんな安全靴がいいか知りたい

と思っているところでしょう。

結論から言うと、安全靴なら何でもいいです!

ただ、壊れたりしたら、すぐに買い換えることオススメします。

ある程度経験がある方は、自分の安全靴がどの様なモノがいいか分かると思います。

実際に現場に出てみて、動いてみて初めて分かることの方が多いです。

でも、一発目の靴は、何の前情報も無いですもんね。

なので、一応この記事を読むことによって、

  • おすすめする機能や、
  • 荷揚げ屋の安全靴の選び方

が分かるようになります。(職種によって、必要な機能が違うので、、)

僕は、建築業界で2年半過してきました。

安全靴選びは、難しいことはないですが、甘くみると爪先を無くすかもしれません。

という訳で初心者のために、安全靴の選び方を解説します。

スポンサーリンク

そもそも、安全靴てなに?

安全靴とは、つま先に鉄板・樹脂が入っていてつま先を保護する靴のことです。

必要な機能、条件は作業内容によって異なる。

安全靴と言っても、ピンきりです。

搬入する上で欲しい機能

通気性

防水性と通気性は相反する機能です。僕は、防水性を犠牲にしています。

というのも、夏場はどうしても、蒸れます。通気性が高くても、蒸れます笑

防水性を優先すると、熱の逃げ場がないので、熱いです。

通気性と防水性の両方を兼ね備えた靴が「アシックス」にありますが、高いです。

初心者で続けるかどうか分からない段階ではオススメしません。

通気性を重視することをオススメします。

疲労軽減(サイズ感、ソール、中敷きのフィット感)

現場にもよりますが、運動量がアスリートな日があります。

そういう日に限って、連日、しんどい現場が重なり続けます笑

なので、少しでも疲労を残さないために、フィット感はとても大切です。

アシックスの衝撃吸収材がオススです。高いです。17000位します。

アシックスでも、下位機種があるので、8000円とか、で買えます。

あと、ブカブカの安全靴だとめっちゃ疲れます。

きつきつだと、足に豆ができて、痛くて集中できません。

軽量

重すぎる安全靴は、荷揚げ屋の動きを制限します。

最大限のパフォーマンス(?)を出すには、軽量がいいです。

つま先の素材が、鉄板じゃなくて、樹脂の方が軽いです。

着脱のし易さ(マジックテープかヒモ?)

これは、主な材料がどの様な物が多いかによります。

フローリングができている住居などに入る場合は、材料を手に持ったまま、靴を脱がないといけません。あらかじめ、マジックテープやヒモをゆるめておきます。

でも、ヒモ場合は再度結び直さないとイケないので、マジックテープがおすすめです。

安全性(検査をクリアしているか?踏み抜き防止)

いちおう、JASSや、JSAAという検査を合格した安全基準があります。

あまりに安すぎると、本当につま先が潰れないか心配になります。

1000円の安全靴とか。

搬入にはいらない機能

無駄な機能を持っていると、価格が高くなりますので、ご注意ください。

  • 静電機能、静電靴
  • 耐油性
  • 耐溶接

ベストなサイズ感は?

これは、普段履きを買うときと一緒で、かかとに人差し指1本分の隙間があればベストです。

足の幅が広い方や、狭い方だと、横と縦のサイズ感をピッタリ合わせるのが難しいと思います。

経験上、横幅が広いのは、「アシックス」

狭いのは、「ミズノ」「ナイキ」です。

ハイカット、ローカット?

どちらでもいいです。僕は、かかとが潰れるのが嫌なので、ハイカットにしています。

あと、ハイカットのほうがカッコいい気がするので笑

ローカットの魅力は、足首がスッキリして涼しそうです。

どちらでも好きな方でいいです。

どこに売ってあるのか?

  • ホームセンター(ナフコ、ニトリ、グッデイ、ハンズマン)
  • ドンキ(天下のドンキ様、とても安い!)
  • 作業着屋さん(ワークマン、博多鳶)

雨の日対策!ベチョベチョが嫌なら2足持ち!

メインとサブの2足持ちの人もいます。

現場内は、泥でぐちゃぐちゃというところもあります。

なので、きれい好きな人は、2足もっている人もいます。

僕は、安い安全靴を、雨の日用に使っています。

現場入場禁止!?「JASS A種」

2年間経験して1度だけあったのですが、靴の中に、

こういった表記があります。

このA種類じゃないと現場に入場できないという現場がありました。

A種が普通作業、B種が軽作業用という意味らしいです。

A種の方が高いですが、現場に入れないなら、A種を買うしかありませんね。

命はお金では買えないので。

こちらのURLが詳しく記載されています。

安全靴にまつわる、ヒヤリとした体験談

3つあります。

1つ目は、現場に落ちていたビス(釘)を踏み抜いて足の裏をケガしました。

めっちゃ痛いっす笑

ビスが、錆びていたら、今頃感染症に掛かって、僕はこの世にいなかったかもしれません。

2つ目は、つま先に1トンの荷重が載ってきたことです。

1点に1トンではないでしょうけど、安全靴じゃなかったら、僕のつま先は無くなっていたことでしょう。

3つ目は、安全靴を履いてないスタッフが、台車の車輪に足を踏まれていました。

すごく痛そうでした。家庭もあるのに、働けなくなったら大変です。軽傷で済みましたが。

買い替え時

アルパカライダーさんの安全靴は、ソールが剥げてしまっています。

現場以外で普通に歩いていても転びそうです。

破け、剥がれ、足裏の凹凸がなくなったら買い替え時です。

ワークマンで、3000円の靴は、半年、

8000円のアシックスとかなら、1年弱といったところです。

最後に

荷揚げ屋て、他の建築業者に比べて、道具にお金を掛ける事って無いです。

(図面と道具をもたないのは、荷揚げ屋と警備員と褒められ?ますが)

唯一、「安全靴」はお金をかけたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました