荷揚げ屋を辞めたくなったら読む記事

荷揚げ屋について

僕が荷揚げ屋になってから、このような言葉を繰り返し聞いてきました。

  • 「いつか荷揚げ屋辞めてやる」
  • 「将来が不安、ずっとはできない」
  • 「階段あげばかりでしんどい」
  • 「腰が、背中が、ヒザが痛い」
  • 「このままだと、いつか死んでしまう」

お察しします。特に、始めて数ヶ月となれば、肉体的にしんどいのは、逃れられません。荷揚げ屋をやっていれば誰もが通る道です。

これはごく自然なことです。

この記事は、3つの目的があります。

  1. 荷揚げ屋をやめたい理由を煮詰めるため
  2. 辞めた後はどうするか決めるため
  3. 後腐れなく辞めるため

自分の事って意外と話せないものです。上司や社長に、詰められても、きちんとした返答ができません。

本当は、自分がどうしたいのか。仕事に何を求めるのか、何が嫌で、何が好きなのか。自分と向き合う材料になれば幸いです。

荷揚げ屋特有の「辞めたい7つの理由」

荷揚げ屋だからこそ、つらい部分があると思います。おそらく、この7つに分類されるのではないでしょうか。

荷揚げが過酷・きつい・疲れが取れない。

50kgの石膏ボードを、何往復も取って下ろして、取って、下ろしてを繰り返します。様々な職人と通路の取り合いにもなります。雨が降っても、搬入はなくならないことが多いです。冬は、雨が降れば最悪です。カッパをきても、着なくても汗で濡れます。だからカッパを着ないことが多いです。サバイバルの動画を見たことがあると思いますが、人間は雨に打たれ続けるのはかなりのストレスです。体温、集中力が奪われるなか、危険な搬入は続きます。

終わって、次の日、朝6:00事務所集合。体も心も休まりません。梅雨時期や、猛暑、冬場の雨など、天候も敵となることがあります。自分のちからではどうにもできないので、疲れますよね。

移動時間、拘束時間が長い

事務所から近場の現場は、結構少ないです。スーパーゼネコンと直に契約していれば、都心部ばかりという会社もあるかもしれませんが。遠方は、建築業界全体に係る問題ですね。同じ場所には、新しい建築物は立たないですからね。

問題は、移動時間は給与が発生しないことです。車や交通機関での移動は、遠ければ遠いほど時間を奪います。車であれば、運転中は、睡魔があるかもしれません。

作業が危険

毎年必ず、建築業界では、人が亡くなっています。人がなくなる重大事故の裏には、300件のヒヤリとする経験があります。私も、事故を起こして、人をケガさせたことがあります。自分がケガをする側にも、させる側にもなります。僕がケガをさせた場合は、慰謝料15万を払いました。相手の気持ちが収まれば、お金で解決できますが、そうも行かない場合もあります。

重量物の周りは常に危険が潜んでいます。動かすということは、転倒、挟まれ、落下、他者との衝突が付きまといます。危険なことをすることを避けることはできません。

忙しすぎる・休みがない

これも、会社によるのですが、繁忙期は、1日4現場5現場を周ることもあります。もちろんその分稼げるのでいいのですが、早朝から、深夜まで働いて、次の日もその次の日も、、繰り返せば嫌になります。睡眠時間も削られますし、思考力の低下による、現場内や、運転中の事故の原因にもなります。

自分のミスが多い、物損の責任

注意力の高い人間であれば、なんの問題はありません。ただ、中には、注意力が乏しい人間も中にはいます。僕も、注意力が欠けています。重症です。窓のサッシを曲げたとか、ボードを割ったとか、枠に傷を入れたとか、、、ありがちな事をやってしまいます。

そんなときは、「俺、この仕事向いてない」て思いますよね。そういう人は、辞めてもいいと思います。仮に、無理をして荷揚げを頑張って、不注意で人を殺したら、一生背負っていかないといけません。一生の後悔が残るでしょう。

入れ替わりが激しいので、新人教育が負担

建築現場に入るのが始めての人は、特に大変ですよね。安全帯の付け方、モノの持ち方をはじめから丁寧に指導しなくてはなりません。一つ一つ指示を出さないと動いてくれない人もいます。続けてくれたら、教えがいがあるんですが、、大半の人が辞めていくなかで、教育の意味を考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

先輩・後輩が怖い・人間関係

荷揚げ屋に限ったことではないですが、怖い人が職場にいるのは、どの仕事も一緒です。ただ、怖い人の割合が多いのが、荷揚げ屋ではないでしょうか。相性の問題なので、僕は怖い人は問題ないですが、慣れない人も多いかと思います。辞めていった人の中には、あまり職場の雰囲気に馴染めない人もいたように思います。

荷揚げを辞めたい理由を知る9つの判断材料

ざっくり分けて、

  • 自分で変えることができる部分
  • 変えることができない部分

この2つがあります。



自分で変えることができる4つの要素

  • 「人間関係」
  • 「職場までの距離」
  • 「その仕事が好きか・情熱はあるか」
  • 「他にやりたいことがある」

自分で変えることができる部分は、自分側の問題で不満に思っている可能性があります。もちろん、簡単に変えることが難しい部分もあるので、簡単には解決しません。ただ、変えることができるので、気長に考えていい部分でもあります。

自分で変えることができない6つの要素

 

  • 「人間関係」
  • 「物理的な環境」
  • 「仕事量」
  • 「 仕事内容」
  • 「収入、給与」
  • 「時間帯」

これは、自分の力で、変えることが難しい部分です。「人間関係」は、両方入ります。これは、自動車同士の事故と同じで、車が2台存在しないと、事故が存在しないのと一緒です。人間同士関わり合いがあるので、どちらが悪いとは一概には言えません。

仕事量や、仕事内容は自分でコントロールすることは難しいです。社長ですら、どんなお客さんから仕事の依頼がくるかは調整不可能だからです。

人によって、仕事に何を求めるかは、全く違います。例えば、給与が低くて生活できない場合は、仕事量を増やして給与が多い仕事につくべきです。



荷揚げを辞めた後の3つ生活

転職して別の会社に勤める

じっくりと、自分と向き合いどんな仕事がいいか判断するために、在職中に就職先を決めることをオススメします。もし、何の計画もなく突然仕事を辞めてしまった場合は、焦りから勢いで転職先を決めてしまう可能性があります。そうならないためにも、辞めると決めたら余裕を持って次の仕事を探しましょう。

自分で起業する。

起業は、ハードルが高いと言われがちです。これは、いままでの人生で、どれだけ社会に信用貯金を溜めてきたかによって、ハードルは変わってきます。例えば、ずっと荷揚げ屋を続けてきて、完璧な段取り、人間力を備えていれば、周りの人は黙っていないです。お客さんの心を鷲掴みにしているわけです。人間性や、スキルが高ければ、起業のハードルは超えれるでしょう。

ぷーたろうになる。

 貯金があって、誰にも迷惑を掛けなければこの道もありでしょう。もしかしたら、体のダメージがあって、転職が困難な場合は、治療期間として過ごして、新鮮な気持ちで新しい仕事を探すのもありでしょう。

荷揚げ屋を辞めるベストタイミング

繁忙期を避けた4月、5月がベストでしょう。

建築業は3月が決算期となるため、2月、3月が忙しいです。

忙しいときに、1人でも抜けるとなると、会社にも、社員にも負担が乗ってきます。抜けた穴を塞ぐため2倍働かないといけません。後腐れなく辞めるには、人間としてマナーを守るべきでしょう。

実際、日本人の1割が仕事を辞めている現状

無作為に抽出した1.5万の事業所を対象に調査した結果です。

平成30年の1月~6月の離職率は、8.6%です。

これは、半年の間に、もともと100人従業員のうち、9人くらいが辞めたということです。

荷揚げ屋の肌感覚としては、50%くらいでしょうか(笑)

入った人の半分は辞めていくような感じですが。

ちなみに、建築業だけの離職率は、5.2%で、一番多いのは、14.7%で宿泊・飲食サービス業でした。もっと、退職してそうですけど、会社によるんですかね、、(笑)

厚生労働省の平成30年上半期のデータ



辞める時の注意~信頼を壊さない

突然、連絡がつかなくなる。朝になって連絡がつかなくなる。といった人がいます。

こういった方は、同業では、有名人になりあきれられてしまいます。

時間を守るのは基本的な約束ごとです。基本的な約束が守れない場合は、常識がなく信用できない人と認識されます。意外と建築業界は狭いですし、悪い噂が広まるスピードは早いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました